おまとめローンでは上限金利を確認しよう

「上限金利が低い事」、「新規借入れができる事」この二つは、おまとめローンを選ぶ時に確認しておきたい点でもあります。おまとめローンには、二つの種類があります。おまとめ専用のものと「おまとめ利用可能なカードローン」です。


おまとめ後でも新規借入れはできるか

「おまとめ用途可能なカードローン」は基本的にどのカードローンでも成りえます。それぞれの状況によって「おまとめ」用途可能となるラインが変わるからです。いま契約している商品よりも金利が低く、まとめるだけの限度額があれば「おまとめ利用」可能です。「完済」を最大の目的としていないので、限度額内であれば随時新規の借入れが可能です。おまとめ後にすぐ融資を受けたい方には適しているかもしれません。


おまとめローンは上限金利が低い

おまとめ専用のローンは「完済」を目的にしています。その為、新しい借入れには寛容ではありません。返済のみのものもあれば、返済が基準以上進んだ時点で借入れを許可するものなど様々です。また、おまとめ専用のローンは上限金利が低い事も特徴のひとつと言えます。上限金利が低い事で、信用情報・属性評価の低い方でも安定した金利で返済を行う事ができます。

おまとめローンの返済期間に注意しよう

いくつかある借金の返済を一つの窓口にまとめることができるローン返済方法のおまとめローンの人気が高くなっているそうです。おまとめローンでは、借金の借り換えということになるので、新しく審査が必要になります。返済を行う場合も金額が大きくなりがちなので、貸金業法の総量規制の対象からは外されています。


メリットがたくさんあるおまとめローン

毎月の返済額の経済的に負担が大きい場合、ローンによっては毎月の返済の金額を低くすることも可能な場合があります。また金利が安くなる場合もあるなど、おまとめローンを利用するメリットは非常に大きいと言えるでしょう。また経済的な負担は何も感じなくても、借金を複数にわたって作ってしまったということが心の面で大きな負担になる人にとっては、心理的な負担を減らすという役割も、になっています。


返済期間が長いと利息も増える

メリットは多いのですが、返済金額などを抑えると返済期間がとても長くなってしまうことがあります。そうすると何度も、長い期間にわたって利息を支払わなくてはなりません。毎月の返済のたびに返済していない借り上げ残高に利息がかかるリボルビング返済では、思っている以上に利息が高くなってしまう場合もあると言われています。賢く利用して完済を目指しましょう。

おまとめローンのメリットとデメリット

複数ある借金を一か所の返済窓口にまとめるローンのことをおまとめローンと呼んでいます。借り換えということになるので改めて審査は必要になりますが、ローンをまとめることで金利を減らすことができたり、毎月の返済金額を少なくして完済を目指すことができたりと、多くのメリットがあると言われています。


メリットは手間がかからない

まず最大のメリットは、返済が月に何度もくるということがないので、物理的な負担が軽減されます。またプランによっては金利が安くなる場合もあるため、支払の負担そのものが減るということも考えられます。また会社や借入額でも変わってきますが、毎月の返済金額を選ぶことができる場合は、毎月の返済の負担が少なくなる場合もあります。何社からも借りているということが心理的な負担になりやすい多重債務ですが、一社にまとまることで心理的にすっきりとする人もいると言われているそうです。


デメリットは長くなりやすい返済期間と多重債務

おまとめローンでは金額がまとまることや、新しいローンに借り換えることで毎月の返済する金額を減らすことができる場合もあるため、返済期間が長引いてしまいがちなことでしょう。返済に時間をかけすぎると、利息を支払う回数が増え、利息として支払う金額が高額になってしまいます。また、一社にまとまったという物理的な負担の解放感から、つい借りてしまうということも考えられるそうなので、完済をしっかりと目指して、計画を立てましょう。

おまとめローンと債務整理

借入先が数社に及びばらばらの返済日や高金利に悩まされている状態である多重債務、これを脱却する手段としておまとめローン商品は勧められています。しかししばしば多重債務の状態に陥っている人は返済能力が既に低い状態にある事を前提に債務整理の方がよいのではないか、という声も聞く事があります。しかし私個人としてはあまり債務整理をおすすめできません。


債務整理の問題点

債務整理は厳密には多重債務の為の手段ではなく、借金を返せない人の為の手段です。おまとめローンと違い借入額は帳消しとなり債務状態からは確かに開放される事でしょう。しかし債務整理の利用は債務という重荷から解放される代償として今後の人生に大きなリスクを背負う事になります。まずクレジットカードや住宅ローンなどありとあらゆる借入が今後の人生において利用できなくなります。また債務整理は誰にでも認められるわけではなく「あなたは返済能力が無い事」を裁判で長い歳月をかけて証明する必要があります。当然弁護士の相談料等が発生する他、最悪お金だけ使って債務整理に至れないケースすらあります。


おまとめローンで債務と向き合う

確かに債務整理と違いおまとめローンは借入そのものが無くなるわけでは無く、利用できたとしても長い返済生活が待っている事でしょう。しかしおまとめローンの利用自体は信用情報に一切の傷が付かない為、債務整理と違って借入に困る前の状態まで人生を立て直す事ができるのです。

おまとめローンで必要になる書類

いくつかの債務をひとつの借金にまとめて返済をおこなうことができるおまとめローンでは、新しい融資として借り換えを行うため、改めて審査が必要になります。この審査で必要になる書類とはどのようなものがあるかご存知ですか?


本人確認書類が絶対に必要

おまとめローンに限ったことではありませんが、融資の審査になるので公的に身分を証明することが可能な書類が必要です。保険証や運転免許証のほか、パスポートなどが利用できます。収入証明書が必要になる場合もありますが、金額によって変わってくるので、念のために準備しておくと便利でしょう。源泉徴収票や確定申告などの控えのほか、直近の給与明細を数か月分など会社によって書類はいくつかあるので調べてみましょう。


収入証明書が必要になるめやす

消費者金融では貸金業法という法律を利用しています。ただし総量規制というお金を貸す金額の上限を定めている規制法案に対しては、おまとめローンは除外されているので年収の3分の1を超えている場合でも借りることが可能な場合もあります。この貸金業法では通常、一社からの借り入れが50万円を超えた場合、融資の総額が100万円を超した場合は収入証明書の提出を義務付けると定めているので、おまとめローンを利用する際に書類が必要になるめやすとして考えてもいいかもしれません。ただし、この金額に満たない場合でも審査で証明が必要だと判断されれば、収入証明書の提出は行わなくてはいけません。

一本化で完済を目指す

もし、複数個所からの借入が重なり、全ての返済が難しそうならばおまとめローンを検討されているかもしれませんね。おまとめローンを検討されているなら、目的を問わずに大きな額が借りられる商品を利用する必要性があります。それぞれの業者によって、借り入れの一本化に特化したものも扱っている事がありますので探してみましょう。


おまとめローンで借金一本化

おまとめローンの中には、審査などの際に窓口に赴かなくても利用できるものもあります。電話と郵送だけで済むものもあります。利用の方法は、他のローンと変わりません。審査に通ったら融資が受けられます。その受けた融資で、複数個所に渡ってしまっている債務を返していこうというものです。借入先が一か所にまとまることで、返済日や返済プランが一つにまとまります。そして完済を目指していきやすくなるのです。


一本化から完済を目指す

おまとめローンで借り入れを一本化する事が、完済への一歩となるかもしれません。一本化されただけで減った訳ではないので注意が必要ですが、状況によっては返済額が軽減される場合もあるようです。自分の返済能力に見合った借り入れを心掛けることが第一ではありますが、万一借り過ぎてしまった場合はこういったものも利用しましょう。

おまとめローンの審査で注目されること

いくつかの債務をひとつの会社で借り換えて、返済の手間を省くことができるおまとめローンのサービスが拡大しているそうです。おまとめローンを活用することで返済の手間が省けることはもちろん、プランによっては毎月の返済金額を減らして返済を行えることもあることも魅力だと言われています。この審査ではどのような点が注目されるのでしょうか?


審査では金額よりも債務の数

一般的に言われていることなので、会社によって違いはもちろんありますが、審査では債務の金額よりも、その数だと言われているそうです。例えば50万円を借りている場合、25万円で2か所から借りているほうが、10万円で5か所から借りているよりも、審査には通りやすいと考えられているそうです。これは、限度額が低い中で多くの会社から借りていると判断されるケースがあるからだそうです。


返せるものは完済してから審査に申し込む

低い限度額で多くの債務という判断は、キチンと返済などを行いある程度の収入が認められていれば限度額そのものが上がると考えられているからだと言われています。そのため、小さな金額で多くの会社から借金を行っている場合は、返せるものは完済してから審査に申し込むのもいいかもしれません。またおまとめローンに申し込むものを金額の大きいものだけにするなど、審査の前に自分の債務を一度確認してしっかりと整理して、上手に活用しましょう。